沿革

昭和11年1月創業 大阪市福島区にて包装資材の卸販売業を個人営業開始。
昭和24年4月 静岡県富士市・紙製品協力工場設立に参加。
昭和27年9月大阪市大淀区に製品倉庫建設。
昭和39年8月 大阪市福島区に倉庫建設。
昭和43年4月 法人に組織変更。社名:株式会社川瀬彦商店  代表取締役社長 川瀬彦一郎就任
昭和44年5月大阪市大淀区の製品倉庫改装新築。
昭和54年9月 大阪市西淀川区に製品倉庫改装新築。
昭和58年4月 社名変更。新社名:川瀬彦株式会社  代表取締役社長 川瀬彦太郎就任
昭和61年10月 兵庫県伊丹市にダンボール製函工場設立。
昭和62年5月大阪府豊中市寿町に、本社・営業部門・工場・倉庫を集約し、流通機能の簡素化を図る。
平成2年10月商品管理強化の為、コンピューターのハードとソフトを入れ替える。
平成11年9月 大阪府豊中市服部西町に本社を移転。製函設備充実の為、工場設備を一新。
平成13年4月印刷ライン強化の為、3色印刷機を購入。
平成15年1月兵庫県伊丹市に新社屋を購入し、本社機能を移転。
平成17年7月本店登記変更。本店(大阪市福島区)を、本社(伊丹市口酒井)に変更する。
平成19年4月ISO9001-2000 認証得
平成19年9月製造ライン強化の為、三川鉄工のトムソン機導入。
平成20年4月ISO14001-2004 認証取得